Misakiさんのストーリー

Misakiさん

  • 2005年〜2013年
  • アメリカ英語旅行 参加
  • 当院の受付
  • 筑波大学 (心理学専攻)
  • 銀行員
  • 旅行、ガーデニング

「難しく考えないで。シンプルでいいんだよ」 私がレッスン中によく言われた言葉です。

グローバル社会と呼ばれる現代においても、多くの日本人は英語に対して苦手意識を持っていると言われています。その理由のーつに「英語の習得のためにはとにかく勉強を頑張らないといけない」と思い込んでいるからというのが挙げられるのではないでしょうか。確かに、読み方の分からない言葉が並んでいたり、日本語と語順が違ったりすると、覚えるのに苦労してしまいますよね。

しかし、英語を身につける際に重要なのは、難しい単語や複雑な文法を暗記することではありません。(それもときには必要ですが)本当に大切なこと、それは自分の伝えたいことを素直に言葉にするカです。

レインボーブリッジ英語学院では、ネイティブの先生や仲間たちとの交流を通して、日常に起こることを簡単で分かりやすい言葉で表現する術を体得することができます。初めは、自分の考えていることを上手に言葉にできないかもしれません。しかし、先生たちはそれを英語で伝えるためのヒントをたくさん与えてくれます。そうして少しずつ英語での表現を学び、相手に伝えられたという成功体験を積み重ねることで、自然と活きた英語を身につけることができるのです。

私も当学院で英語を、そして伝えるということを学んだー人です。習得したことを活かして、単身海外旅行に行ったことも、街なかで外国人に道案内をしたこともあります。その際も、決して小難しい英語は使っていません。途切れ途切れでも、萎縮せずに言いたいことを伝えようとすることが大切な第一歩だと知っているからです。 そしてそれは思っているよりもずっと相手に伝わっているものなのです。

英語はコミュニケーションの道具です。相手に伝えてこそのものなのです。 現在世界には約15億の英語話者がいるとのこと。英語を使えるということは、それだけの人たちとお近づきになることができるということです。頭の中でごちゃごちゃ考えるだけで終わってしまい、彼らに自分の気持ちを伝えるチャンスを逃すのは実にもったいないことだと思いませんか?まずは一言。シンプルでいいのです。表現したその瞬間からあなたの世界は大きく広がるに違いありません。